転入届けは転入後14日以内に手続きします。必要書類がそろっていれば市町村役場に届けるだけ。住民票の発行もすぐに行ってもらえます。委任状などの必要書類があれば代理人による手続きも可能。転出届も必要ですが、その転出証明書は郵送でも行えます。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


転入届の手続きは14日以内に

引っ越した場合、新しい住所の市役所・区役所・町役場などに転入届をする必要があります。
そうして住所変更手続きをやっておかないと、住民票なども発行してもらえない事態になってしまいます。
手続きをする期間は、転入日から14日以内。
実際に住み始めてからの手続きになるということです。
手続きを行うのは、基本的には本人か世帯主になります。
旧住所の市役所や区役所などで発行してもらった転出証明書、住民基本台帳カードと印鑑を持参する必要があります。
もし、転出証明書を旧住所の役所でもらい忘れた場合は、郵送による転出証明書の請求ができます。

委任状があれば代理人による転入届手続きも

本人がどうしても自分で転入届の手続きができないこともあるかもしれません。
そんな時には、代理人による手続きも可能です。
その場合は、本人からの委任状と代理人の本人確認できるもの、そして印鑑が必要です。
代理人の本人確認は、運転免許証、パスポート等で行います。
委任状は様式が定まっており、文房具やさんなどでも入手できますが、最近はインターネットでもその様式をダウンロードできるケースも多くなっています。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


プロバイダーの引越しは?

RECOMEND

****